水にこだわる浄水器

住宅向けの浄水器を取り扱う際の心得について

浄水器は機器の内部のフィルターに水を通すことで汚れや悪臭を取り除く設備で、様々な施設で利用されています。

特に家庭用の小型の浄水器は水道水のカルキ臭を取り除く目的で広く普及しています。設置や使用が簡単なことから誰でも手軽に利用できることも普及の一因です。浄水器を使う場合は機器の性能を引き出し、安全性を維持することが美味しい水を得るための条件になります。家庭では子供や高齢者も利用することになるので、水の品質を良好に保つことが重要なポイントです。機器の内部にあるフィルターは長く使い続けると汚れが付着して濾過機能が低下してしまいます。

また、常に湿気が籠っていることからカビが生える可能性もあります。機器を安全に使うためには定期的に洗浄を行い、フィルターも新品に交換することが大切です。浄水器を整備する場合、必ず付属の説明書を呼んだうえで適切な方法で行う必要があります。機器の多くは冷水を濾過することを前提に作られているので、破損を避けるために熱湯や洗剤は使わないように心がけます。また、年式が古い機器は部品の結合部分に汚れが蓄積して細菌が繁殖していることもあります。

メーカーによるアフターケアが受けられない場合は新品に買い替えることも選択肢の一つです。浄水器を通した水道水は消毒薬の成分が取り除かれているので臭いが軽減されていますが、その一方で薬剤の効果が低くなっているので長期間の保存が出来ない点を注意します。機器の内部に残留している濾過済みの水も時間が経つと傷んでしまうので、長期間使用しない場合は内部を洗浄してから湿気を完全に取り除きます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *